スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

レーシック手術・4ヶ月検診

レーシック手術、術後4ヶ月検診に行って来ました。
本当は先週の予定だったのですが、体長不良の為、予約を1週間ずらして貰いました。

今回は、再手術を視野に入れた検診となる為、時間が掛かり疲れました。
まずは視力ですが、左は1.2とあまり変化が無かったのですが、右が0,3まで落ちていました。
以前にも書いたのですが、普段の生活では支障が無いので気にならないのですが、
数字で出されるとやっぱり凹みます。
そして、目のデータを一通り測って、一番重要な角膜の厚さを測りました。
私は角膜の厚さは平均的だったのですが、近視が強かったのでたくさん削らなければならず、
手術前から一発勝負だと言われていました。
ですが測ってみるとギリギリセーフで再手術が受けられる事が分かりました。
でも、視力ではなく度数の変動が続いているため、もう少し安定するまで手術は待った方がいい様なのです。

そして、右目の近視は悪い事ばかりでは無い様なのです。
日本ではあまり好まれないやり方なのですが、アメリカではレーシックを受ける時に、
敢えて片眼の近視を残す事があるようなのです。
両目の近視を完全に矯正してしまうと、40代前半で老眼の症状が現れるのですが、
片眼の近視を残しておくと50代過ぎまで老眼にならない場合があるそうです。
そして、近くを見続けても疲れにくいそうです。
これは、遠くは左目、近くは右目と無意識に使い分けているからで、
日常生活に支障が無ければ、このままでも問題はない様なのです。
この方が眼鏡をかける機会も少なくて済みそうです。

でも、左右の視力に差があると、気持ち悪いのも事実です。
私はもう慣れましたが、いらいらしてノイローゼ気味になる方もいるそうです。

先生も仰っていましたが、この話をしたのは再手術を止めるためでは無く、
自分の生活スタイルの中でどうしればいいか自分で選んで欲しいのだそうです。
生活に支障が無いし近くを見る機会も多いのなら、このままでいるのも良し、
生活に支障が無いとはいえやっぱりくっきりとした視界がいいなら、再手術するも良し、
要するに自分が納得して快適に生活するには、何がベストかは人其々という事なのでしょう。
価値観も人其々ですしね。(^-^)

とりあえず、私には選択の余地と考える時間が残されました。

考える時間・・・。

そう・・・。
次回、2ヶ月後に6ヶ月検診があるのです。(T-T)
あぁ・・・。また、ゴールが遠くなりました。

では、次回は2ヶ月後のレーシック手術・6ヶ月検診で報告します。





スポンサーサイト

theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

チチェロ

Author:チチェロ
大阪在中。

・つぼみ * brownie momo

・たね * brownie sleeping fairy

・フィー * Slinky neko
 The 7th Unique Borry 
 " The Gypsy Girl!"

・ファー * Slinky neko
 カスタムBorry

ドール達との生活と日々の事をゆっくりと綴っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。