スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

クラブとお嬢とクラブ

中学生になり運動神経が鈍い割に、体操部でクラブ活動を頑張っていたお嬢。
実は1学期の終わりに退部してしまいました。

原因はよくある先輩との折り合いです。

入部後のミーティングで一年生全員が「挨拶」について注意を受けました。
その後、登下校や廊下等で先輩と会うと挨拶していたそうなのです。

でも、お嬢はド近眼。
中学になって眼鏡を作ったので眼鏡に慣れておらず、
移動中に眼鏡をかけると気持ち悪いので、授業中以外は眼鏡を外していました。
当然、先輩に気が付かない事もあります。
そのうちに挨拶が悪いと先輩に目をつけられる様になってしまいました。

先輩が怖いのでクラブ中でも緊張してしまい、
のびのびと技を練習する事が出来ないので怪我も増えました。

その、お嬢のオドオドした態度に先輩もイライラ。
悪循環が連鎖するように募っていき、退部前の一週間は毎日泣きながら帰って来ていました。

それでも、頑張っていたのですが、ついに先輩10人程に1人で呼び出され、
ある事ない事怒られて、もうこれ以上続けられないと退部を決めました。

その時に先輩に言われた一言。
「頭、おかしいんとちゃう!」
この一言はお嬢にとって、もっとも辛い一言になりました。

以前「聖夜」の記事でお嬢が命にかかわる病気で手術を受けたと書きました。
その病気は「脳腫瘍」です。

腫瘍が大きかった為、腫瘍と一緒に右後頭部の4分の1の脳を摘出しました。
今のところは、心配していた障害も後遺症もありませんが、
お嬢にとっては心と頭に大きなキズを残してしまったと思います。

そのお嬢に「頭、おかしいんとちゃう!」という一言は耐えられなかった様です。

もちろん、先輩達はお嬢の病気を知りません。
軽い気持ちで言ったと思います。

それに、クラブは小さな社会だと思います。
上下関係が厳しく、競争もあり、また仲間との絆もあります。
だから、お嬢にも頑張って色々な障害や困難を乗り越えて、
その先にある楽しい事や充実感を味わって欲しかったです。

でも、お嬢がこの一言に耐えるには、もう少し大人になる為の時間が必要です。

その後、お嬢は制服姿の女子を見ると隠れる様になりました。
もしかしたら先輩かも知れないと思い、怖かった様です。

でも、これではダメになってしまいそうで、
2学期になったら文化系のクラブに入って、再出発しようと話し合いました。

そして、2学期になりましたが、お嬢はクラブ見学にも行けていない様なのです。
このままトラウマになってしまいそうで、とても心配ですが、
もう少し様子を見るしかなさそうです。

きっと怖い先輩ばかりではなく、優しい先輩いると思います。
ほんのちょっとの勇気が新しい一歩を踏み出させてくれる。
お嬢がその一歩を踏み出せて、楽しい中学生活をおくれる日が一日も早くきて欲しいです。



最後になりましたが、たくさんの拍手・コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。(^^)
続きにお返事を載せています。


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。(^^)




ぱせりまま様

お盆明けから新学期ですか?
早いですね!\(◎o◎)/!
その分、冬休みが長いのかな?

大阪は中学校の給食普及率が全国ワースト1位なんです。(>_<)
給食をとり入れている学校でも、注文制の仕出し弁当とか…。
給食室を作る予算と土地がないのが大きな原因の様です。
入学説明会でお嬢が在学中は給食制度は完成しないと宣言されたので、
これから高校卒業まではお弁当づくりが続きそうです。

お嬢の大会は9月19日なんです。
いよいよ大詰め。
頑張って練習しているので、良い結果が出ると嬉しいです。(^^)

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

学校の部活動って挨拶とかに厳しいですよね。
理不尽な時も有るけど社会に出てから挨拶はとても大事だとわかりました。

ただ先輩方のとった行動はやはり中学生なのだな、と。
小さな部活動という枠組みの中では色々難しい事も多いでしょう。

お嬢には頑張って続けて欲しかったけど
あくまでクラブ活動だから精神的に辛い思いをしてまでやる必要は無いですよね。

学生時代のクラブ活動は色んな事を学べるチャンスでも有るから
何かお嬢にとって夢中になれる事が見つかると良いです。

遠くからだけどいつも応援してるよ!お嬢!!

初めまして!

こんにちは^^*
以前からブログにお邪魔させてもらっていたのですが、お嬢が気になってメッセージしています。

私もお嬢のように、部活を途中でやめてしまったことがあります。
私はいま24歳で、中学生のころ、女子ソフトテニス部に入っていました。私の学年が2年になって代替わりしたころから部員が2つのグループに分かれて対立してしまって、私がその仲介役をしていました。
部室の自分の範囲に入ってきたとか、だれだれがあまりボールを拾わないだとか、言い合う内容はくだらないことです。
時には、口論がひどくなってテニスそっちのけで、言い争ったり・・なんてこともありました。
そのうち、仲介役をしていた私が、周りからは煮え切らないように見えたのか、いじめとはいかないまでも、無視などの嫌がらせを受けるようになって・・。
そのころは、それ以外にも不登校の友達に毎日プリントなどを届けに行ったり(あとで聞いたのですが、それを知らずにサボっていると思っていたそうです。)、クラスの担任だった女性教師がまだ1歳に満たない乳児を抱えててやたらヒステリックだったりなんたり色々あって、いっぱいいっぱいになっていたので、とうとう部活の顧問の先生の前で大泣きして、やめてしまいました。
テニス自体は大好きだったので、やめたくはなかったけど、心が限界だと感じたんです。その後はテニスをもっとしたかったなという気持ちはあったけど、解放された気分でした。
そのとき、母からは「どれも長続きしない、中途半端な子やね」と呆れたように言われ、高校に入ってからは弓道部に引退まで絶対にやめないと決めて入部しました。
そこで怪我を負って、弓をひけない状態が続いたり、部内抗争がまたあったりと色々でしたが、引退まで続けました。
最後に県大会敗退したときは、家に帰っても涙がとまらなくて、一晩中泣きました。
思い返してみれば、楽しいことよりもつらいことのほうが多かったように思えますが、3年間やり遂げたっていう達成感はいまもまだ持っています。
私は中学の部活を途中退部してしまったから、高校では!とまた部活に入ったけど、続けなくてはという強迫観念にかられていたのかもしれません。ああ、別に無理して続けなくても良かったんだ、意地張ってただけだったんだなって、今になって思うんです。
時には、意地を張ることも必要にはなりますけどね^^;

お嬢もまだつらいなら無理はしなくていいと思うんです。中学生という多感な時期は、つらいときに無理して頑張っても心がすりへってしまうこともありますから。
何も部活じゃなくても、地域にあるクラブを探せば、興味をそそられるものがあるかもしれませんし。
お弁当作り、チチェロさんとお嬢の二人で作るっていうのも良いんじゃないかな。
高校のころは母のお弁当でしたが、冷凍食品が多くてたまに文句をこぼしていました。いま自分が料理をするようになって、その大変さが少しわかって、もっと一緒に料理をすれば良かったと思っています。
そのころなんて、りんごの皮むきくらいしかできなかったものですから。
基本的な料理の仕方はもちろん、後片付けの仕方、キッチンの手入れの仕方、ごみの分別、冷蔵庫の整理の仕方、効率の良い買い物の仕方。
もっと簡単に思えていたので、お嬢もやってみたらびっくりするかも?
良い花嫁修業になりますしね 笑

長くなってしまってすみません。
お嬢がやらなきゃって自分を追い詰めないといいなと思って、どうしても伝えたくて。
それでは、これで失礼します^^*

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

チチェロさん、大丈夫。大丈夫(^_^)
うちのるるっ仔も中学のテニス部は夏休み明けには辞めてしまってました。
原因は上級生ではなくて同級生にいじめられたんです。
そして高校では軽音に入ってましたが、やはり1年の夏休み明けごろに
女子が全員辞めてしまい実質活動なんてしていませんでした。
退部届けはださなかったので籍だけはあるみたいなんですが。

そんなるるっ仔に主人やわたしの母なんかは
マグさんのお母さんの言われた同じことを言ってましたが
わたしは別にそれでもいいと思ってたんです。
部活はやれば楽しい想い出も残るしやっててよかったと言う人も
たくさん知ってるけど、やりたくない、やらなくてもいいと思うんなら
それもいいと思うんです。

るるっ仔なんか中学生の時にはラケットを、
高校の時にはギターを買いましたが途中で用無しになってます。
それでもいいんですよ。
やってみたいと決めたら最後まで何が何でもやりぬかなければ!なんてわたしは思ってません。
やってみて合わないこともあって当然なんですから。
やってみたいと思ったことをやれた幸せ、
それが自分には続かないと知って辞めた勇気も褒めてあげたらいいんですよ!


お嬢ちゃんは中学生になってクラブというものにも先輩というものにも
興味もあり憧れもあったかもしれません。
でも中学の部活の先輩後輩の関係って特殊なもんだと思います。
確かに挨拶や礼儀は死ぬまで大事なことでしょう、
でも部活のソレは傍で見ている分には異様に映ることもあるほどです。
お嬢ちゃんには是非こんなのが年上の人との関わり方の全てではないと伝えてあげてください。
1日も早くお嬢ちゃんが元気になれますように!!
line
プロフィール

チチェロ

Author:チチェロ
大阪在中。

・つぼみ * brownie momo

・たね * brownie sleeping fairy

・フィー * Slinky neko
 The 7th Unique Borry 
 " The Gypsy Girl!"

・ファー * Slinky neko
 カスタムBorry

ドール達との生活と日々の事をゆっくりと綴っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。