スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

またね

ぽかちゃんの火葬をお願いして来ました。

ペット霊園も色々探したのですが、悪質な業者もあるようなので、
公的機関の方が安心とアドバイスを頂き、市役所にお願いしました。

ここの市役所では個別火葬も出来るのですが、その場合はお骨揚げが必要との事。
お骨になったぽかちゃんを見る勇気がなかったので合同葬になりました。

ぽかちゃんは孤独を愛する子だったので、個別でお願いした方が良かったかな…?
勇気の無いお母さんでごめんね。


ぽかちゃんはおもちゃで遊ぶ事も少なく何を入れてあげたらいいか悩みました。
お花とご飯とお水。そして、蹴りぐるみ。
唯一、好きだった小さな毛糸玉。

こんな事しかしてあげられないのかと、自分の無力さに切なくなりました。
もっと長生きしてくれたら、好きな物に出会える事もあったのに…。

安置所に預けるまで、ずっとぽかちゃんを入れた箱を抱いていました。
その重さが腕に残っています。

でも、今はもう腕の中に居ません。
本当に居なくなっちゃったんだね…。
もう、あの綺麗な毛並や瞳を見る事もないんだね…。
寂しいよ…。


今日はとても良いお天気です。
こんな抜けるような青空なら迷わずに虹の橋を渡れるよね?

ぽかちゃん。
ありがとう。
ぽかちゃんと過ごした日々、お母さんは幸せだったよ。
ぽかちゃんも幸せだったかな?

ぽかちゃん。
またね。



スポンサーサイト

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

line

虹の橋

ぽかちゃんが虹の橋を渡りました。

最期の最期まで良い子でした。

生年月日 2007年12月 4日
享   年 2012年 5月31日

お家に来てくれたのは2007年1月26日。
とても寒い日でした。

一緒に過ごせたのはたった4年数か月。
でも、獣医さんの余命宣告より3ヶ月も頑張ってくれました。


小さい時からいたずらもせず、お行儀も良く、本当に手の掛らない子でした。
一人を好む孤高のお姫様で、抱っこも撫でられるのも嫌い。
でも、愛情深くて、私がどこに居ても気付けばいつも傍に居てくれる子でした。

猫の唯一のお仕事と言われる「添い寝」。
スキンシップは嫌いな子でしたが、秋から冬限定でちゃんとお勤めを果たしていました。

秋から冬限定の添い寝ですが、昨日は暖かい夜だったのに珍しく添い寝してくれました。
きっと自分の時間が残り少ないと知っていたんでしょうね。

ぽかちゃんにとっては最期のお勤めだったのかな。
そして、私にとってはぽかちゃんの温もりや重さを感じた最期の夜でした。


ぽかちゃん…早過ぎるよ…
そんなに急がなくてもいいよ…
もっともっと傍に居てくれて良かったのに…


お母さんはきっと今日は一日中泣いてしまうけど、
雨降り地区から早く出られる様に、明日にはちゃんと笑うね。
だから安心して虹の橋を渡ってね。

たくさんの幸せをありがとう。
きっとまた逢えるよね。


theme : 猫のいる生活
genre : ペット

line
プロフィール

チチェロ

Author:チチェロ
大阪在中。

・つぼみ * brownie momo

・たね * brownie sleeping fairy

・フィー * Slinky neko
 The 7th Unique Borry 
 " The Gypsy Girl!"

・ファー * Slinky neko
 カスタムBorry

ドール達との生活と日々の事をゆっくりと綴っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。