スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

レーシック手術・術後10ヶ月検診(ひとまず最終回)

レーシック手術・術後10ヶ月検診に行って来ました。
本当に長い道のりでしたが、今回でひとまず最終回です。

こんなに長い間通う事になるとは思わなかった眼科でした。
何度もいつになったら終わるんだろうと考えましたが、漸くゴールする事が出来ました。

今回もいつもの様に目の状態をみる検査を一通り受けました。
でも、視力は今回が一番悪かったです。
右は0.3といつもと同じなのですが、頼みの綱の左が0.9になってしまいました。

今は花粉症の影響で目がコロコロ・チクチクしているので、涙ののりが悪いのかも知れないとの事でしたが、
1.0を切っているとさすがに凹みます。(>_<)

検査が終わり最後に先生の診察を受けました。
術創の状態は良好で度数も安定しているとの事でした。
強近視の人はレーシック手術後は視力が定まるまでに時間が掛るのですが、
私の場合は度数の変化も大きく安定しなかったので、ここまで検診が長引いた様です。
この事をもっと最初に言ってくれていれば、こんなに不安になる事もなかったのに…。
でも、最後とはいえ理由が聞けて良かったです。

問題は再手術をするかどうかです。
角膜の厚さを再計算して貰うと安全圏内で手術可能な数値が出ました。
でも、私は車の免許が無く運転もしませんし、日常生活にも支障が無いので、
当分はこのままでいようと思います。

手術後暫くは左右の視力の差が気持ち悪く「何とかしたい!」と思っていましたが、
さすがに10ヶ月も経つと慣れてきました。
それに再手術をすると老眼を一気に早める事にもなる様です。
私の生活では手芸・PC・ゲームと手元を見る機会が多いので、
老眼を早めるのはあまり望ましくありません。

以前、別の先生に言われた様に本当に再手術が必要なら、
誰が何と言って止めようが再手術すると思います。
でも、今はそこまで手術を切望していないので、まだその時では無いのだと思います。

保証期間は10年。
その間なら再手術を無料でして貰えます。
でも、もし再手術を希望しても検査→即手術ではなく、
数ヶ月検診に通って目の状態が安定しているのを確認の上、手術しましょうとの事でした。

大事な目です。
今回のレーシック手術を通して、目の事や生活の事を色々考えました。
私にとってこのレーシック手術は単に視力を回復するだけではなく、
色々な事を考える機会を与えてくれました。

このBLOGに遊びに来て下さっている方の中にも、将来レーシック手術を受ける方がいるかも知れません。
この体験記が何かしらの参考になってくれれば嬉しいです。







スポンサーサイト

theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line

レーシック手術・8ヶ月検診

レーシック手術・術後8ヶ月検診に行って来ました。

本当に長いな~と感じます。
本来なら1ヶ月検診で終わるはずなのにもう8ヶ月です。

でも、前回の検診時に先生が、
「次回の検診で異常が無かったら術後検診は終了しましょう。
 その後、目の調子が悪くなったり再手術を決意した場合はお越し下さい」と言われていたので、
今回は少し気楽に診察を受けに行きました。

いつもの様に目のデータをとったり度数を調べたりと5種類ほど検査をして、
最後に視力検査をしました。
今回は調子が良く左1.5で右が0.6でした。
前回が左0.8で右が0.3でしたので両目とも倍近く良く見えていました。

視力測定が終わったので後は先生の診察を受けるだけと思っていたら、
検査技師さんから「ではこちらの椅子に座って天井を見上げて下さい」の一言が…。
え?もしかしてその手に持っているのは点眼麻酔では…?
前回調べた角膜の厚みを今回も調べる事になった様です。
痛みは無いのですが、きゅ~っと押さえられる様な不思議な感覚と、
その後20分位続くもや~っとした視界がちょっと苦手です。

そして、最後に先生の診察を受けました。
前回診て頂いた先生だったらいいなと思っていたのですが違う先生でした。
今回の先生は開口一番
「術前の視力は随分近視が強かったんだね~」と仰いました。
今更、十分分かっている事を念おさなくてもいいのに…。(T_T)
そして角膜の状態を診て異常なしと診察した後、
「角膜の厚さは再手術可能だけど、視力の変化が激しいから様子を見た方がいい」と仰いました。
今の状態をみるとまだ視力が変化しそうなのだそうです。
ドライアイの目薬をさしながらもう少し様子を見て、
視力が安定したら左右の視力の差が大きいので再手術を検討しましょうとの事でした。
今回診察して下さった先生は再手術推進派の様です。
角膜の厚さを再測定した訳が分かりました。

そして、次回は2ヶ月後。

…。
そうなのです。
今回で術後検診は終了のはずだったのですが、視力の変化が大きかった為、
検診を続ける必要があるのだそうです。
次はレーシック手術・術後10ヶ月検診です。

いったいゴールはいつになるのか…。
次回レーシック手術・術後10ヶ月検診で報告します。

theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line

レーシック手術・6ヶ月検診

レーシック手術、術後6ヶ月検診に行って来ました。

早いです。
もう、半年が経ちました。
こんなに長く通っている人って他に居るのかな…?(・_・;)

何だか検査技師さんにも顔を覚えられてしまって、
「最近はどうですか~」とか声をかけられる様になってしまいました。
話の通りが早くて助かるのですが、何故かちょっと恥ずかしいです。

今回も目の状態の検査と視力測定をしました。
目の状態は問題なしなのですが、視力が…。
頼みの綱の左目が1.2→0.8になっていました。(T_T)
最近、TVの字幕が見難いかな?とは思っていたのですが、
数値で見せられるとやっぱり凹みます。
右目は0.3でしたが、こちらはもう諦めているので大丈夫です。

ここまでくると、やはり再手術が視野に入ってきます。
日常生活に支障は無いのですが、微妙に不便と感じることがチラホラ。
本当に悩みます。
悩んでないで一思いに再手術すればいいかと思うのですが、やっぱり再手術は怖いのです。
怖い事に耐える時ってどうしますか?
目を閉じて、歯を食いしばって、こぶしを強く握る。
皆さんもこんな感じじゃないですか?
目の手術はその一番重要な目を閉じる事が出来ないんです。
自分が何をされているか全部見えちゃうんです。
一度目はまだしも、もう一度あれを経験すると思うとかなりの勇気が要ります。
そしてもう一つは、角膜の厚みがギリギリだという事です。
再手術を勧めて下さる先生も、角膜の厚みはなるべく残す方がいいと仰います。

今回担当の先生は若いけれど的確にものを言うタイプの先生でしたので、
先生によって手術を勧める方と勧めない方がいるが、
本当はどっちがいいのですか?と思い切って聞いてみました。
すると、答えはこうでした。
①手術は可能だが、やはり角膜の厚みが気になる。
②再手術すると老眼を早めることになるかも知れない。
③再手術後も視力の戻りが確実にあり、今の予想では1.0迄の回復は難しい。
などなどの懸念があり、先生によっては慎重を期す方と、
それでも手術する方が有益だと考える方に別れてしまうそうです。
その後はやはり自己判断になるそうです。

そう言われますます悩んでいる私に先生は次の様に結論を出してくれました。
「悩むという事はまだそれだけ日常生活に支障が無く、余裕があるという事です。
 本当に手術が必要なら、誰が何と言おうと再手術を受けたい!!と思う日が来るはずです。
 その時に再手術を受けたらどうですか?」

なるほど、そのとおりかも知れません。
私は車の運転もしませんし、今のままで支障が無いと言えば無いです。
いつか「誰が何と言おうと再手術を受けたい!!」と思う日が来る迄はこのままでいいのかも知れません。

次回は2ヶ月後。
術後8ヶ月検診です。

・・・・・・・・。
そうです。
まだ、検診は続くのです。
いつになったらゴールにたどり着くのか…。

では、次回は2ヶ月後のレーシック手術・8ヶ月検診で報告します。(^-^;


最後になりましたが、拍手ありがとうございます。
とても励みになります。



theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line

レーシック手術・4ヶ月検診

レーシック手術、術後4ヶ月検診に行って来ました。
本当は先週の予定だったのですが、体長不良の為、予約を1週間ずらして貰いました。

今回は、再手術を視野に入れた検診となる為、時間が掛かり疲れました。
まずは視力ですが、左は1.2とあまり変化が無かったのですが、右が0,3まで落ちていました。
以前にも書いたのですが、普段の生活では支障が無いので気にならないのですが、
数字で出されるとやっぱり凹みます。
そして、目のデータを一通り測って、一番重要な角膜の厚さを測りました。
私は角膜の厚さは平均的だったのですが、近視が強かったのでたくさん削らなければならず、
手術前から一発勝負だと言われていました。
ですが測ってみるとギリギリセーフで再手術が受けられる事が分かりました。
でも、視力ではなく度数の変動が続いているため、もう少し安定するまで手術は待った方がいい様なのです。

そして、右目の近視は悪い事ばかりでは無い様なのです。
日本ではあまり好まれないやり方なのですが、アメリカではレーシックを受ける時に、
敢えて片眼の近視を残す事があるようなのです。
両目の近視を完全に矯正してしまうと、40代前半で老眼の症状が現れるのですが、
片眼の近視を残しておくと50代過ぎまで老眼にならない場合があるそうです。
そして、近くを見続けても疲れにくいそうです。
これは、遠くは左目、近くは右目と無意識に使い分けているからで、
日常生活に支障が無ければ、このままでも問題はない様なのです。
この方が眼鏡をかける機会も少なくて済みそうです。

でも、左右の視力に差があると、気持ち悪いのも事実です。
私はもう慣れましたが、いらいらしてノイローゼ気味になる方もいるそうです。

先生も仰っていましたが、この話をしたのは再手術を止めるためでは無く、
自分の生活スタイルの中でどうしればいいか自分で選んで欲しいのだそうです。
生活に支障が無いし近くを見る機会も多いのなら、このままでいるのも良し、
生活に支障が無いとはいえやっぱりくっきりとした視界がいいなら、再手術するも良し、
要するに自分が納得して快適に生活するには、何がベストかは人其々という事なのでしょう。
価値観も人其々ですしね。(^-^)

とりあえず、私には選択の余地と考える時間が残されました。

考える時間・・・。

そう・・・。
次回、2ヶ月後に6ヶ月検診があるのです。(T-T)
あぁ・・・。また、ゴールが遠くなりました。

では、次回は2ヶ月後のレーシック手術・6ヶ月検診で報告します。





theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line

レーシック手術・3ヶ月検診

レーシック手術・3ヶ月検診に行って来ました。

3ヶ月目です。
周りの方達は1ヶ月で終わってゴールしているというのに・・・。
いったい何をもってゴールが決まるのでしょうか?

ナーバスなスタートで申し訳ありません。

でも、今回はちょっと凹みました。

いつもの検査を終えて視力測定をそたのですが、また、右目の視力が下がっていました。
前回の2ヶ月検診では1.0まで回復していたのに、今回は0.5でした。
視力測定器の前に座った時、あまりにも見えないのでびっくりしました。
普段の生活では片目で見る事ってないですよね。
生活に支障なく見えていたので、右目の視力がここまで落ちているとは気が付かなかったんです。
左目の視力は1.5だったので、おそらく殆ど左目で見ているのだろうとの事でした。
左右の視力の差が1.0です。
そう言われれば最近疲れ目が気になるな~と思っていたのですが、
ここまで差があれば、疲れて当然です。

先生の診察の時にも、ここまで左右の視力に差が出ると右目だけ再手術した方がいいと言われました。
でも、角膜の厚みがギリギリなので再手術出来るか微妙なのですが・・・。
視力が安定したら右目だけ度の入った眼鏡を作ってもいいかなと考えています。
積極的に再手術を考えるのであれば、次回診察時に角膜の厚みを測定しましょうと言われ、新しくドライアイ用の目薬を貰って今回は終了しました。

・・・・・・・・・。

そうです。
次回診察時に角膜の厚みを測定ということは・・・。
レーシック手術・4ヶ月検診もあるという事です。

ゴールはまだまだ先の様です・・・。

theme : レーシック(視力回復)手術
genre : 心と身体

line
プロフィール

チチェロ

Author:チチェロ
大阪在中。

・つぼみ * brownie momo

・たね * brownie sleeping fairy

・フィー * Slinky neko
 The 7th Unique Borry 
 " The Gypsy Girl!"

・ファー * Slinky neko
 カスタムBorry

ドール達との生活と日々の事をゆっくりと綴っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。